前へ
次へ

投資用の不動産を購入してみよう

不動産を購入するといえば自分が住むことを目的に行うイメージがありますが、近年は投資用の不動産を購入する人が多くなりました。
投資用の不動産があれば、第三者に貸すことで毎月の家賃収入を得ることができます。
そのため、副収入を得たい人はもちろん、私的年金の代わりにして老後を豊かに暮らしたい人たちに注目されています。
また、今は資産形成のためにFX取引や株式などを始める人が増えましたが、その方法だと売買によって利益を得なければいけないため、知識やテクニックが必要になります。
その点、投資用の不動産があれば、入居者さえいれば毎月家賃収入が得られるため、難しいテクニックが必要ありません。
不労所得が得られますし、計画的に資産掲載ができるメリットもあります。
ちなみに、物件を選ぶときは、都内のワンルームマンションが適していると言われています。
少額の自己資金で済みますし、都内の物件なら空室になるリスクを抑えやすいので、注目してみるとよいでしょう。

Page Top