前へ
次へ

これからの不動産投資は中国よりもインドネシア

東南アジアの不動産投資先としては有名なのがインドシナ半島のタイとベトナムです。
これらの二つの国は日本の不動産会社からも多くの資本が投入されてきています。
ですがこの二つの国はすでに開発し尽くされた感じもあります。
これから東南アジアへの不動産投資を考えられている人達では、目先を変えて、国を選ばなければなりません。
どのような国で大きな利益を上げる可能性があるのでしょうか。
それは断然インドネシアです。
インドネシアの首都ジャカルタのあるジャワ島でも、郊外では広大な空き地が見られます。
マレー半島の対岸に面するスマトラ島は広大な面積をもちますが、その開発はこれからといったところです。
さらにインドネシア東部にあるボルネオ島はその専有面積の大きさで有名です。
ボルネオ島には未だに未開のジャングルがたくさん残されています。
このような状況を考える時に、もしもインドネシアで不動産投資をするのであれば、スマート島とボルネオ島が一番の魅力です。
しばらく前までずっと二桁の経済成長し続けてきていたのが中国です。
今では一桁の7%の成長率を達成するのさえ難しくなってきています。
株式は低迷し、今後中国が二桁の成長を取り戻すことはないでしょう。
中国はビジネスをするのには最適な国でありません。
突然の国の政策の変更で、ビジネスが出来なくなるような事態も予想されます。
それで中国からは脱出していく日本企業が続出してきています。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren3set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

そこで今注目されているのがインドネシアです。
インドネシアは知る人ぞ知る親日国です。
大統領も国民も若々しくて、少子高齢化の進む日本とは、対照的です。
インドネシアはその国土が広大で、未だ開発されていないような場所がたくさん残されています。
例えばインドネシアの東部のボルネオ島には広大なジャングルが残されています。
マレー半島の対岸に面するスマトラ島も同じような状態です。
これからインドネシアのリアルエステートインベストメントをするのならば、ボルネオ島とスマトラ島で決まりではないでしょうか。

Page Top